肥満の治療は、まず食事療法・運動療法・行動療法

肥満は体の脂肪が一定の割合以上になったものを言います。

つまり外見は同じようでも骨太や筋肉質の場合は肥満とはいいません。

肥満であるかどうかは健康診断などで計算されているBMI(Body Mass Index)と呼ばれる肥満指数で判定されていて、このBMIは体重と身長から計算されます。

『BMI=体重(kg)/身長(m)の二乗』で計算されますが、18.5未満がやせ、18.5~25未満が普通、25以上が肥満とされています。標準体重は、BMIが22に相当する体重となり、身長が160cmの人なら56.3kg、170cmの人なら63.6kgということになります。

皮下脂肪型と内臓脂肪型の2タイプ

肥満は大きく分けると皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2つに分けることができ、医学的にみて減量治療が必要性が高いのは内臓脂肪型肥満になります。

内蔵脂肪型の場合には、糖尿病や脂質異常症、高血圧などを合併しやすく動脈硬化の原因にもなり、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳梗塞などの脳血管障害につながります。

皮下脂肪型肥満の場合も、見た目などの問題でダイエットをすることもありますが、内蔵型肥満の場合は、特に食事療法・運動療法も含め、場合によっては肥満治療薬も含めた治療が必要になってきますので、肥満の中でも「肥満症」という言い方をされます。

それでは、自分の肥満は皮下脂肪型なのか内臓脂肪型なのかということになりますが、下半身が太っている臀部型肥満いわゆるお尻ぽっちゃり系の洋ナシ型肥満は皮下脂肪型肥満で、腹部ポッコリ型の腹部型肥満、りんご型肥満の場合は、内蔵脂肪型肥満であるケースが多くみられます。

見た目の判断でなくもっとはっきりした判定には、メタボリックシンドロームの健診で注目されるようになったウエスト周りの測定値が使われます。ウエスト周囲径が男性で85㎝以上、女性で90cm以上だと内臓脂肪型肥満の疑いが高まります。

治療目標は、標準体重ということではなく、まずは3~6ヵ月の治療で体重の5%減少で、保険指導の成績から3~4%体重を減少させることで、血糖や脂質・血圧などの改善が認められています。

肥満治療薬による肥満症の治療は、食事療法・運動療法・行動療法を3ヵ月から半年続けて行っても体重の減少や検察の成績改善が見られない場合に行われます。

逆に言うと、肥満症の治療の基本は、食事療法・運動療法・行動療法の3つになります。

食事療法としては、1日のエネルギー摂取老を1200~1800kcalにして、心肺系や関節に負担がかからない程度に運動をし、行動療法として日常生活において肥満と結びつく行動をチェックしそれを改めていくというようなことを行います。それで効果が見られなかったとき、肥満治療薬による治療が行われることになります。

今日では、肥満症に対して効果効能のある肥満治療薬を各製薬会社から販売されており、医薬品通販にて購入することも可能になっております。